事業内容

SCパイル - パイル事業(製品)お問い合わせ

SCパイル

鋼管とコンクリートを融合させた外殻鋼管付コンクリートパイルです。基礎杭の長尺化・大径化により、杭に対する要求性能が高くなっております。

取扱商品
Hi-SC123パイル・HI-SC105パイル・590-SC105パイル / その他・SCパイル・HI-SCパイル

SCパイルの種類

ストレート杭

  • ※杭長 4?15m
  • ※杭長6m以下の場合はご相談下さい。
  • ※杭径300?1,200mm

Hi-SC105

主な特徴

「Hi-SC105」はコンクリートの圧縮強度を105N/mm2とした外殻鋼管付コンクリートパイルです。基礎杭の長尺化・大径化により、杭に対する要求性能が高くなっております。さらには高支持力杭工法の登場により、基礎杭の小径化によるコストダウンや、発生残土量の減少による環境負荷の低減が注目されています。

当社の105N/mm2シリーズのコンクリート杭は、圧縮性能を高めた製品で、これらの要求性能を満足すべく開発されたパイルです。これにより、高支持力杭工法への採用が最適になり、各工法のメリットをFULLに発揮させる幅広い設計が可能になります。

設計に用いる数値
1.材料強度
1-1 コンクリート
圧縮強度 105 N/mm2
ヤング係数 40,000 N/mm2
1-2 鋼管
種類強度 SKK490、STK490
降伏点(N/mm2) 325
ヤング係数(N/mm2) 205,000
2. 許容応力度
許容応力度材料種類 長期(N/mm2) 短期(N/mm2)
圧縮 引張 曲げ せん断 圧縮 引張 曲げ せん断
コンクリート 30 - - - 60 - - -
鋼管(SKK490・STK490) 217 217 217 125 325 325 325 188
特 長
  • ●超高強度コンクリート(Fc=105N/mm2)を使用し、高支持力に対応
  • ●許容圧縮強度が大幅にUP
    設計時のコストダウンに有利
長期許容圧縮応力度(N/mm2)
Hi-SC Hi-SC123
22.0 30.0
短期許容圧縮応力度(N/mm2)
Hi-SC Hi-SC123
44.0 60.0
曲げ耐力の比較

Hi-SC105(標準型)とHi-SC(標準型)の曲げ耐力は、右図に示す通りとなります。(代表として杭径800㎜、鋼管厚6㎜、腐食代1㎜の値を示す。)

Hi-SC105とHi-SCは、鋼管量が同じであるため、全引張時の耐力は同じになりますが、軸力が大きくなるにつれてコンクリートが負担する比率が大きくなることから、杭に加わる軸力が大きいほどHi-SC105の耐力が大きくなります。

Hi-SC123

主な特徴

Hi-SC105パイルシリーズをさらに高強度化させコンクリート圧縮強度をFc=123N/mm2、鋼管の基準強度をF=325N/mm2とした外殻鋼管付コンクリートパイルです。

高支持力杭工法への採用が最適になり、各工法のメリットをFULLに発揮させる幅広い設計が可能になります。

設計に用いる数値
1.材料強度
1-1 コンクリート
圧縮強度 123 N/mm2
ヤング係数 40,000 N/mm2
1-2 鋼管
種類強度 SKK490、STK490
降伏点(N/mm2) 325
ヤング係数(N/mm2) 205,000
2. 許容応力度
許容応力度材料種類 長期(N/mm2) 短期(N/mm2)
圧縮 引張 曲げ せん断 圧縮 引張 曲げ せん断
コンクリート 35 - - - 70 - - -
鋼管(SKK490・STK490) 217 217 217 125 325 325 325 188
特 長
  • ●超高強度コンクリート(Fc=123N/mm2)を使用し、高支持力に対応
  • ●許容圧縮強度が大幅にUP
    設計時のコストダウンに有利
長期許容圧縮応力度(N/mm2)
Hi-SC105 Hi-SC123
30 35
短期許容圧縮応力度(N/mm2)
Hi-SC105 Hi-SC123
60 70
曲げ耐力の比較

Hi-SC123(標準型)とHi-SC105(標準型)の曲げ耐力は、右図に示す通りとなります。(代表として杭径800㎜、鋼管厚6㎜、腐食代1㎜の値を示す。)
Hi-SC123とHi-SC105は、鋼管量が同じであるため、全引張時の耐力は同じになりますが、軸力が大きくなるにつれてコンクリートが負担する比率が大きくなることから、杭に加わる軸力が大きいほどHi-SC123の耐力が大きくなります。

590-SC105

主な特徴

コンクリート圧縮強度をFc=105N/mm2、鋼管の基準強度をF=440N/㎜2とした外殻鋼管付コンクリートパイルです。

Hi-SC105パイルと比較して基準強度がさらにUPした高強度鋼管でより一層の合理的・経済的な設計が可能となります。

仕様
寸法
外径 Φ600~1200mm
鋼管厚 t6~22mm
設計に用いる数値
コンクリート
設計基準強度 105 N/mm2
ヤング係数 40,000 N/mm2
 
鋼管
設計基準強度 440 N/mm2
ヤング係数 205,000 N/mm2
2. 許容応力度
許容応力度材料種類 長期(N/mm2) 短期(N/mm2)
圧縮 引張 曲げ せん断 圧縮 引張 曲げ せん断
コンクリート 30 - - - 60 - - -
鋼管
(JFE-HT590P)
440 440 440
曲げ耐力の比較

Hi-SC105(標準型)と590-SC105(標準型)の曲げ耐力は、右図に示す通りとなります。(代表として杭径800㎜、鋼管厚22㎜、腐食代1㎜の値を示す)
590-SC105は、Hi-SC105に比べて引張耐力が大きくなります。

ページトップへ